• お問合せ
  • メールアドレス
Brilliant Port

気ままなスタッフブログ〜沖縄県那覇市の海が見える会議室 Brilliant Port(ブリリアントポート) 〜 | Brilliant Port (ブリリアントポート)は沖縄 那覇でレンタルオフィス・貸し会議室をご提供しております。

  • お問合せ
  • メールアドレス
Brilliant Port

2020年12月13日 [新着情報]

ゆいまーるなちむぐくる|那覇市貸会議室-レンタルオフィス・スペースBrilliantport

皆様、こんにちは(^^)/
Brilliantportスタッフの新城です♪

早いもので、もう12月も残り半分に近づいています・・・
;'∀')💦💦
街も忙しない雰囲気が漂っています(;´・ω・)

この時期、事故も多くなりますので
どうぞ皆様、余裕をもってお出かけくださいね。

さて、今回は沖縄県沖縄市で伝わる民話をご紹介します!(^^)!
むかしむかし沖縄で、貧乏に暮らしていた心優しい老夫婦。
ある大晦日の前日に、とても不思議な事が起こりました。
さて、どんな事が起きたのでしょうか??

沖縄県沖縄市の民話【大歳の客】
沖縄市文化財調査報告書第27集『むかしばなしU』 2002年沖縄市教育委員会


むかしむかし。ある大晦日の前日、おじいさんとおばあさんが朝のお茶を飲みながら、お話していました。
「おばぁ、明日は大晦日になっているが、お餅をつく米はあるねえ?」
「今日食べる米さえもないのに、ましてや、明日の餅をつく米なんてありませんよぉ、おじいさん」

おじいさんとおばあさんは、若いころから、素直で真面目に生きてきました。そのため、村の人からもたいそう信頼されていましたが、どうしてだか、いつも貧乏でした。

おじいさんは、しかたなく、そのまま朝の散歩に出かけました。

しばらく歩いていると、身なりのしっかり整った青年と出会いました。青年はおじいさんに、道を尋ねました。
「私は、仲村家に行きたいのでどのあたりにあるか、知っていましたら教えてくださいませんか」
「仲村家といえば、多分、あの金持ちの家のことだと思います。私が案内いたしましょう」
おじいさんがそう答えると、青年は遠慮しました。
「教えていただければ、自分で探していきますから」
「そうは言っても、かなり遠いところですから、やっぱり私が一緒に行きましょう」と、おじいさんは、親切に案内してあげました。

仲村家の立派な建物が見えてくると、おじいさんは
「あそこに立派な屋敷囲いが見えるでしょう。あそこが仲村家です。
ここからだと、もう、大丈夫ですから、どうぞ用事を済ませて来て下さい」と、家に帰ろうとしました。

道を案内してもらった青年は、おじいさんを呼び止め、袂から紙包みを取り出し、おじいさんへ渡そうとしました。
「わずかなものですが、お礼として、これをあげます」
「私は、それを貰いたいためにご案内をしたわけではありませんので受け取れません」
おじいさんは断りましたが、青年はどうしてもと、無理におじいさんの懐へ紙包みを押し込みました。

おじいさんは家に帰り、おばあさんにさっきの出来事を話しました。おばあさんと一緒に、さっきもらった紙包みを開けてみると、お金が入っていました。
「これでお米を買ってきて餅も作り、お雑煮も作ろうねえ」
おじいさんとおばあさんは、たいそう喜んで、そのお金で米を買いに行きました。

翌日、大晦日の晩。道案内した青年からもらったお金で買ったお米から、お雑煮を作り、おじいさんとおばあさんが二人で食べようとしていましたら、誰かが訪ねてきました。

おばあさんが、戸を開けて見てみると、そこには乞食のようにみすぼらしい姿の人がいました。
「ごめん下さい。私は三日前から何も食べていません。何か食べさせてもらえませんか」
その人は、おばあさんに頼みました。おばあさんが、おじいさんにその事を話すと、おじいさんは「どうぞお入り下さい。この米は自分らが儲けたお金で買ったものではなく、人様からいただいたお金で買ったものだから、一緒に食べましょう」と、たくさん食べさせてあげました。

御飯を食べたあと、乞食のようにみすぼらしい姿の人は、おじいさんとおばあさんに頼みました。
「腹いっぱい雑煮もいただいたので、眠くなっってきました。
今日はどうか、ここに一晩泊めさせてもらえませんか。軒下でもいいですから」
おじいさんたちは、「寒くて風邪をひくといけないので、汚いところですが、どうぞ上がってお休みください」と泊めてやりました。

翌朝、お茶を差し上げようと、おじいさんがお客さんを起こし行くと、何度声をかけても返事がありません。不思議に思ったおじいさんが、布団を開けてみると、そこには人の姿はなく、たくさんのお金が積まれていました。それから、貧乏者のおじいさんとおばあさんはたいそう金持ちになって、幸せに暮らすようになりました。


沖縄県沖縄市の民話【大歳の客】
沖縄市文化財調査報告書第27集『むかしばなしU』 2002年沖縄市教育委員会


沖縄ならではの、ゆいまーる精神で
幸せに暮らしたおじいさんとおばあさんのお話でした!

誰かに手を差し伸べたら、必ず自分自身に返ってきますよね😄
どうぞ皆様も、少し余裕をもって、年末年始のご準備なさってくださいね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

新城

PageTop

  • 福maru不動産
  • 色彩カラフルライフ