• お問合せ
  • メールアドレス
Brilliant Port

気ままなスタッフブログ〜沖縄県那覇市の海が見える会議室 Brilliant Port(ブリリアントポート) 〜 | Brilliant Port (ブリリアントポート)は沖縄 那覇でレンタルオフィス・貸し会議室をご提供しております。

  • お問合せ
  • メールアドレス
Brilliant Port

2020年07月12日 [新着情報]

勝手にブログドラマ始めてみた|第一話「研修と夕陽」|那覇市の貸し会議室・レンタルスペース《Brilliant Port(ぶりりあんとぽーと)》

皆様
こんにちは!

BRILLIANTスタッフの新城です('◇')ゞ
さてさて、謎のタイトルです(笑)

ですが、タイトル通り、「勝手にやってみた」をシリーズ化してお届けしていきます!!
※私が本当に勝手にやっているので、不定期更新になります<(_ _)>💦

今回は コチラ ☞「勝手にブログドラマ始めてみた」 ですっ✨👏(拍手‼)✨

「会議室」を中心に、様々な人物のミニストーリーをお届けします♪
どうぞ、お時間のある方はお付き合いくださいませ!

----------------------------------------------------------------------------------------
※本物語はフィクションです。そのため、登場人物や団体など全て架空上の存在となります。
----------------------------------------------------------------------------------------
【研修と夕陽】

心機一転、この4月から地元沖縄で、転職。

今日は、二日間にわたるオリエンテーション最終日。
初日の新人挨拶から始まり、会社概要、沿革、業務概要など座学中心のプログラム。


30歳を過ぎ、まさか転職するなんて想像もしていなかったが
今、こうして数年ぶりの「新人」をしている私がいる。

前職では、徹夜が当たり前、やってもやっても終わらない仕事を
一人で抱えてキャパオーバーしてしまい、心機一転、転職を決意した。
周囲には、散々好き勝手に言われたが
そんな事も耳に入らないぐらい、疲れ切ってしまっていた。

幸いにも、次の転職先はスムーズに決まった。
面接では、職種は同じなのにも関わらず、職場の雰囲気に驚き
採用決定の連絡を受けたときは、本当に耳を疑った。


今年からのオリエンテーションは、オフィスに併設している会議室では人数が収まらない為
那覇市の前島にある、貸し会議室場で実施されるようになったそうだ。
とまりん近くで、国道58号線沿いだったため
車を持たない私も、最寄りの「とまりん前」バス停からスムーズにたどり着けた。

綺麗な内装をした会議室と、落ち着いた雰囲気。
社内の会議室だと、先輩方の忙しない空気感や緊張感で
内容が頭に入ってこない事が多いのだが
この落ち着いた雰囲気のおかげか、研修内容がすんなり入ってくる。
10名の同期と一緒に、スクール形式に並べられたテーブルで必死にメモを取る。


研修中、少し窓に目をそらして「海」を眺め、午後の眠気を紛らわす。
少し視線を落とすと、隣地の公園の木陰で昼寝をしているおじいちゃんや
海に繋がる川で釣りをしながら、楽しそうにお喋りをしている人たち、
日傘をさし、ベビーカーを押し散歩している若いママ などいろんな人の光景が目に入る。

そんな人の流れを見ていると、いろいろな人生の選択があったんだな、とふと思考を巡らせる。
あのまま前の職場で働き続けていたら、私はどうなっていたのだろうか・・・。

そこまでで、思考を停止させた。
今は、この会社でどれだけ頑張れるか、それだけ考えよう。


オリエンテーションの最後、今回講師を務めて頂いた人事部長からの一言。
「仕事の代役なんて誰でもできるけど、あなたは一人しかいないので体調に気を付けて頑張ろーねー」

特にこれに何か付け足して話す事もなく、このまま「お疲れ様でした!明日から宜しくね」と
明日からの研修日程や内容などをお知らせしてくださった。
明日からはオフィスで、実践を交えたOJT研修。気合が入る。

続々と、同期の仲間たちが退室し、「お疲れ様ー」と会釈を済ませると
退室前の忘れ物チェックをしようと、会議室内を一周しテーブルや椅子の下を覗き込む。
夕方のカサブランカ会議室|研修・セミナー向け会場
前職ではこういった役割は、もっぱら私だったので自然に体が動いていた。


そうやって会議室内をぐるぐるしていると、先ほどの人事部長の言葉が脳内再生された。

「仕事の代役なんて誰でもできるけど、あなたは一人しかいないので体調に気を付けて頑張ろーねー」

これまで、属人的な仕事ばっかりでロクに休みも取れず
「私しかできない」と、仕事に明け暮れて、妙な満足感と疲弊感に囲まれて過ごしてきた私にとって
この言葉だけが、一文字ずつ太字でくっきりと、繰り返し脳内再生されていく。


そうか。

私は、今まで「私しかできない仕事」をしていたのではなく、一人で抱え込んでいたのか。
そんな考えに辿り着いたその時、同期の一人が戻ってきた。

「自分も一緒に見ますよ〜!見回り、大事ですね!」

「ありがとう。一緒にお願いします。」

この職場では、「協力する」ことを大切にしよう。そう想いながら
ふと窓を見ると、夕陽と一瞬目が合いそうになり少し視線を逸らす。
夕陽|カサブランカ会議室|BrilliantPort|那覇市

窓から陽が差し込み、筋となって輝いていた。

「お疲れ様。」

不思議と、この夕陽がそう言って話しかけたように思えてならなかった。

明日から、気合入れなおして頑張ろう。

----------------------------------------------------------------------------------------
※本物語はフィクションです。そのため、登場人物や団体など全て架空上の存在となります。
----------------------------------------------------------------------------------------
以上、今回は弊社自慢の大部屋14名様仕様の「カサブランカ会議室」を
舞台にしたお話でした( *´艸`)

皆様、今の職場に入社した時のこと覚えていますか??
私はけっこう覚えていますよ!匂いとか・・・(*'ω'*)

「初心忘るべからず」

また、明日からの一週間も頑張りましょう!!


新城

PageTop

  • 福maru不動産
  • 色彩カラフルライフ